Article (~2009/12/31)

新ドラマ情報をはじめ、 韓国ドラマや俳優に関する気になる記事をピックアップしています・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化部、TVの一幕物制作支援

http://www.yonhapnews.co.kr/entertainment/2009/10/28/1104000000AKR20091028102000005.HTML?audio=Y新進ドラマ作家や俳優、演出家の登竜門で重要であるものの、放送社の経営悪化で消えたTVの一幕物を復活させるために、政府が一幕物制作サポート事業をする。
文化体育観光部は、韓国ドラマ産業の発展を裏付けようと来年の新規事業でTVの一幕物10余編を選定し、制作コストなどで総5億ウォンを支援する計画だと28日発表した。

キムガブスメディア政策局長は「一幕物の制作支援は、ドラマの素材と形式の地平を広げて、韓国ドラマの発展と寒流の再跳躍に寄与すること。」と話して「制作された一幕物が放送されることができるように、追後放送社の一幕物専用編成など協助も求めること。」と語った。
TVの一幕物は過去に放送従事者に独創性を実験する機会を提供する役目も果たしたが、放送社の経営事情で現在は事実上消えた状況だ。

例えば、「コーヒープリンス 1号店」のイユンジョンPD、「彼らが生きる世の中」のノヒギョン作家、俳優イソンギュらたくさんの放送従事者が一幕物を通じてスター性を認められ始めたが、MBCの「ベスト劇場」は2007年 5月、KBSの「ドラマシティ」は去年 3月、それぞれ廃止されるなど一幕物はほとんど絶滅状態だ。

同時に文化部は専門ドラマプロデューサーを養成するために、外注制作社やフリーランサー形式のプロデューサーを相手に、演出以外に企画、マーケティングなどの力量を裏付けるための8ヶ月過程の 'ドラマプロデューサースクール'を来年、運営する。

また、放送通信委員会と共同で外注制作社や放送チャンネル使用事業者(PP) などが、HD画質の番組を制作するように支援するデジタル放送コンテンツ支援センターを2012年までに、1千993億ウォンの予算を投入してキョンギコヤン韓流ワールドに、延べ面積 5万5千952�、地上13階、地下 4階規模で作る計画だ。

文化部は映画、ゲーム、放送などのコンテンツの完成度に重要な要素であるコンピューターグラフィック(CG) など、文化技術(CT) 研究開発(R&D)の投資も、今年より 20%ほど増えた771億ウォンを来年予算に反映する事にした。

特に動作認識、及び 3次元空間認識基盤ゲームと機能性ゲームなど、次世代ゲーム技術開発に102億ウォンを投入して圏域別拠点を引き受けるようになる 'CT R&Dハーブセンター' 2ヶ所を示範的に指定する計画だ。

キョンスヒョン記者 evan@yna.co.kr

[連合ニュース]2009/10/28 11:46

~スポンサーリンク~
    
スポンサーサイト

Top

HOME

※2010/01/01以降の記事はこちらに移転しました。

2009/12/31までの記事が未アップのままですが、少しずつこちらに追加していく予定です。

全タイトルを表示

カスタム検索

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。