Article (~2009/12/31)

新ドラマ情報をはじめ、 韓国ドラマや俳優に関する気になる記事をピックアップしています・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キムユミ-イテソン、「離婚しないでください」の主演にキャスティング/「ご飯ちょうユジュヒ、「ご飯ちょうだい」後続、「生き甲斐を感じます」に キャスティングだい」後続MBCの新しい日々劇「生き甲斐を感じます」でタイトル確定!/

http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=289342タレントキムユミとイテソンが MBCの新しい日々ドラマ「離婚しないでください」(仮題、シナリオ/パクヒョンジュ、演出/キムテジン)で男女主人公にキャスティングされた。

このドラマは結婚で繋がる二つの家の子たちの生と愛、そして離婚に対して扱う。

キムユミは劇中、ホン家の長女ホンミンス役に扮する。ホンミンスはテコンドー、及びエアロビック講師で遠慮のない率直な性格の多血質オールドミス。7年支えた考試生のボーイフレンドに裏切られた後、弟友達と同時に整形外科医志望のユジンと不可欠な出会いを繰り返えして編まれることになる。

キムユミと呼吸を合わせるようになる男性主人公のチャンユジン役はイテソンが引き受けた。

イテソンはチャン家の大事な一人息子で、学歴、家柄、ルックス、ウィット、マナーまであまねく兼備したオムチナで出演する。公衆保険医で除隊後、父親から整形外科病院を引き継げという圧力を受けている。

ホン家のぶりっ子と虚栄気のある二番目の娘キョンス役にはホンウニが引き受け、彼女の夫にはクォンオジュンが出演する。 末の息子と同時に就業浪人であるチンス役はグループClick B出身のオジョンヒョクが引き受けてキムソンウンと一緒に呼吸を合わせる予定だ。

「離婚しないでください」は「ご飯ちょうだい」の後続で来る 10月 26日スタートする。

ウナムヒ記者 wnh@asiatoday.co.kr

[asiatoday]2009-09-28 15:59
「ご飯ちょうだい」後続MBCの新しい日々劇「生き甲斐を感じます」でタイトル確定!

http://artsnews.media.paran.com/news/42426MBCの新しい帯ドラマのタイトルを、当初の仮題「離婚しないでください」から「生き甲斐を感じます」に最終確定した。

現在、国内外的に難しい時期であるだけに、生に疲れた視聴者たちにリアリティーある ‘小市民の幸せ探し’を描き、暖かい慰労をプレゼントしようと肯定のメッセージを盛った「生き甲斐を感じます」とタイトルを最終決定した。

来る 10月 26日(月) スタートする「生き甲斐を感じます」は、結婚で繋がる二人の家族の全六つのカップルの生と愛、結婚そして離婚に関する話だ。世代別の葛藤を代表する多様な夫婦が登場、彼らの葛藤克服を通じた美しい和合を盛る。

制作陣は「元気な常識を持った普通の愉快なキャラクターが、たまには間違いと誤解をして痛がり、迷うものの、互いをあきらめないで大変な時度に家族という垣根の中で互いに力になってあげ、結局は離婚の危機を乗り越え、理解と成功を成す愉快で幸せな話を描く。」と明らかにした。

彼らが孤軍奮闘、積極的に自分の生を生きて行く姿を眺めて、時には口元に微笑みが、時には深い感動の涙を共に流すだろう。

そして、生半可だが少しずつ努力しながら発展する可愛らしい彼らの姿から、真正な幸せが何なのかを見つけるようになるはずで、 人生が真に生きる価値があることを感じるようになるだうろ。

9月末から本格的な撮影に突入した「生き甲斐を感じます」はキムユミ、イテソン、ホンウニ、クォンオジュン、キムソンウン、オジ゜ョンヒョク、パクイナン、コドゥシム、イムジェム、パクジョンス、イムイェジンらが出演する。

「黄金の花嫁」「愛しの金枝玉葉」のパクヒョンジュ作家が筆を執り、シーズンドラマ「オークションハウス」「我が人生の黄金期」のキムテジンPDが演出を引き受けた。

キムスンジン記者

[artsnews]2009/10/06 11:40:53
ユジュヒ、「ご飯ちょうだい」後続、「生き甲斐を感じます」に キャスティング

http://www.asiatoday.co.kr/news/view.asp?seq=292914新人ユジュヒが MBCの日々ドラマ「生き甲斐を感じます」にキャスティングされた。

ユジュヒはこのドラマで財閥家の無男独女の一人娘ナリ役を引き受けた。

ずば抜けたルックスに学歴、富力まで取り揃えたハツラツとする 20代を演じるようになったユジュヒは、成形外科医の完璧男チャンユジン役のイテソンと呼吸を合わせる予定。

ドラマ関係者は 12日、「ユジュヒは新人だが、安定した演技力を取り揃えている、 これからがもっと期待される新人。」と話し「ユジュヒとの引き受けたナリは、いくら頑是無い行動を見せても憎めない人物で、視聴者たちに風変りな楽しさを与えると期待する。」と明らかにした。

キムユミ、イテソン、ホンウニ、クォンオジュン、キムソンウン、オジョンヒョク、 コドゥシム、パクイナンらが出演する「生き甲斐を感じます」は、「ご飯ちょうだい」後続で来る 26日スタートする。

一方、‘2009年注目するに値する新人’に選定されたユジュヒはドラマ「カインとアベル」「千秋太后」などに出演した。

ウナムヒ記者 wnh@asiatoday.co.kr

[asiatoday]2009-10-12 13:39
【過去の記事】
クォンオジュン、MBCの新しい日々劇で1年ぶりにカムバック - 2009.11.02

~スポンサーリンク~
スポンサーサイト

Top

HOME

※2010/01/01以降の記事はこちらに移転しました。

2009/12/31までの記事が未アップのままですが、少しずつこちらに追加していく予定です。

全タイトルを表示

カスタム検索

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。