Article (~2009/12/31)

新ドラマ情報をはじめ、 韓国ドラマや俳優に関する気になる記事をピックアップしています・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パクダムヒ、KBSの新しい月火劇「姫が帰ってきた」にキャスティング

http://osen.freechal.com/news/view.asp?code=G0908220029タレントパクダムヒが爽やかハツラツとするゴールドミスになって帰って来る。

KBS-2TV 新月火ドラマ「姫が帰ってきた」(シナリオ/イムヒョンギョン・イチョウン、演出/パクギホ)にゴールドミス、チェチュヒ役でキャスティングになったこと。

「姫が帰ってきた」はバレリーナを夢見た専業主婦と良妻賢母を夢見るものの、最高のバレリーナになった二人の女性が張り詰めた対立をして起る話だ。バレリーナのチャングンシム役をファンシネが、 専業主婦チャンドギョン役をオヨンスが引き受けて、既に世間の関心を受けている中だ。

ここでパクダムヒの引き受けた役はグンシムとドギョンの舞踊大学の後輩と同時に、オソンバレエ団の舞台監督で、大学時代、低学年の時はドギョンが自分の偶像で、男の為にバレエを諦めてグンシムの彼氏と結婚したドギョンにがっかりしてアンチになった。

自分のための投資を惜しまず、異性関係においても結婚が目的ではなく恋愛自体を楽しみながら生きる典型的なゴールドミスの標本。グンシムとドギョンが対立する時、理由を問わずグンシム側に止まるいわゆる 'グンシムライン'で劇に楽しさを加える予定だ。

パクダムヒは、今までして来た役とは違い、今回は典型的なゴールドミスの姿で行動や口ぶり、衣装まで爽やかハツラツとして華やかで豪華な姿で風変りな魅力を披露する覚悟を見せているという裏話。

「姫が帰ってきた」は来る 9月14日スタート予定だ。

ユンガイ記者issue@osen.co.kr

[OSEN]2009-08-22 9:52:25
【過去の記事】
ソンウンソ、「姫が帰ってきた」でテレビ劇場申告 (2009/09/16)
オヨンス、「仇敵と共にダンスを」で 1年ぶりにお茶の間に復帰 ← ※ファンシネとオヨンスの役交換? / タイトル「姫が帰ってきた」に変更(8/16) (2009/08/03)
ファンシネ・イジェファン、ドラマ「~Grand Jete(グランジュッテ)」の主人公に抜擢 / ファンシネ、5年ぶりにテレビ劇場復帰…「仇敵と共にダンスを」であくどいおばさんに変身 (2009/07/08)

~スポンサーリンク~
   
スポンサーサイト

Top

HOME

※2010/01/01以降の記事はこちらに移転しました。

2009/12/31までの記事が未アップのままですが、少しずつこちらに追加していく予定です。

全タイトルを表示

カスタム検索

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。