FC2ブログ

Article (~2009/12/31)

新ドラマ情報をはじめ、 韓国ドラマや俳優に関する気になる記事をピックアップしています・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イボヨン、「豊年ビラ」で3年ぶりにテレビ劇場カムバック [6/19付記事:ファンウスレから変更]

http://artsnews.media.paran.com/news/31432俳優イボヨンがサスペンスコメディードラマ「豊年ビラ」(仮題) で女性主人公 ‘ ユンソリン ’ 役にキャスティング、3年ぶりにブラウン管に復帰する。

「豊年ビラ」は、真昼でもお化けが飛び出しそうな撤去直前の ‘豊年ビラ’に暮している住民たちの話を盛り込んだドラマで、自分に残された莫大な遺産の存在を全然知らない一人の男と切実にお金が必要な一人の女、そして各々の秘密を抱いた隣人たちがこのお金を占める為に繰り広げる残酷なコメディーメロドラマだ。

イボヨンが引き受けた ‘ ユンソリン ’ は、ルックス、家、能力、学歴とどれ一つも抜けないすべての男性たちのロマンだが、隠された裏面にはミステリーが一杯な人物。 ユンソリンが三流端役俳優である男性主人公 ‘ オボクギュ (シンハギュン) ’ の周辺をくるくる回わりながら、劇の緊張感と知りたい事が増幅される予定だ。

男性主人公シンハギュンも6 年ぶりに TV ドラマに復帰する為、既に大きいイシューになったことがある。 また、演技派俳優パクユンシク、ムンヒギョン、コスヒ、 チョンギョンホ、イジュシル、チェジュボンらが ‘豊年ビラ’の住民たちに扮して、シンハギュン、イボヨンと呼吸を合わせる。

イボヨンは2006年、ドラマ「ゲームの女王」 を最後に、ヒョンビンと一緒に出演した映画「私は幸せです」に引き続き、今年初には映画「悲しみよりもっと悲しい話」が封切られ、暫くスクリーンで活躍して来た。イボヨンは今回のドラマ「豊年ビラ」を通じて 3年ぶりにお茶の間劇場に復帰する。

一方、ドラマ「豊年ビラ」は映画「ライターをつけろ」「鬼が生きる」のチャンハンジュン、「その年の夏」のキムウニ作家が共同執筆し、MBC ベスト劇場「加里峰オーシャンイレブン」のチョヒョンタク監督が演出を引き受ける。

「豊年ビラ」はフレッシュな素材、がっちりしたシナリオでストーリーとキャラクターが生きている真正なウェルメイドドラマになることで期待されており、100%の事前制作を通じてドラマの完成度を高める予定だ。

イボヨンは今年 2月、BOFに所属社を移してスクリーンとブラウン管を出入りし、活発な活動を繰り広げている。ヒョンビンと一緒に主演した映画「私は幸せです」は去年の釜山国際映画祭で閉幕作に上映され、評壇の好評を博した事があり、今年下半期の封切りを控えている。

[artsnews]2009/07/01 12:47:38
【過去の記事】
「豊年ビラ」シンハギュン-ファンウスレ、サスペンスコメディードラマで団結する (2009/06/19)

~スポンサーリンク~
    
スポンサーサイト

Top

HOME

※2010/01/01以降の記事はこちらに移転しました。

2009/12/31までの記事が未アップのままですが、少しずつこちらに追加していく予定です。

全タイトルを表示

カスタム検索

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。